トップ / 歯磨きで歯周病を防ぐ

歯磨きで歯周病を防ぐ

歯磨きで防ぐ歯周病

生活習慣

正しい歯磨きで歯周病を防ぐ

何歳になっても自分の歯を失わないようにするには、若い頃から歯茎の健康も維持して歯周病を予防する必要があります。大事な歯と歯茎を守るには丁寧なブラッシングが必要不可欠です。自己流でなんとなく磨いている方も多いと思いますが、歯科医や歯科衛生士から正しいブラッシング方法を学ぶのが最も効果的です。歯科医院では虫歯の治療だけでなく、歯周病についても適切に対処してもらうことができます。早期に治療を始めれば症状の進行を防ぐことができるので、定期的に歯科医院に通い口内の健康を維持していきましょう。

歯医者と乳歯の特徴について

乳歯は個人差もありますが生後6ヶ月頃から生え始め、2~3歳頃までに上下20本が生え揃います。乳歯の役割は「食べ物をしっかりと噛み砕く」という役割を持っており、脳の発達や歯並び、顔の形の形成に良い影響を与えますので、軽視せず、歯医者で定期健診を受ける事が大切です。乳歯が生え揃う頃はたくさんの言葉を話せるようになりますが、美しい発音をするためには乳歯の役割は大事です。スペースに収まりきれない大きさの歯が生えてくると歯並びが悪くなりますが、歯医者できれいな永久歯が生えるためのアドバイスを受けてみると良いです。

↑PAGE TOP

© Copyright クリニックの脱毛施術が良い理由. All rights reserved.