トップ / 摂食障害とダイエットの事

摂食障害とダイエットの事

摂食障害の原因は

生活習慣

ダイエットブームと摂食障害

摂食障害とは、体重や体型に対する過度のこだわりがあり、小食や多食や隠れ食いなどの異常な食行動を伴う精神的な障害です。患者数は年々増え続け、女性が90%以上を占めており、若年化傾向にあります。現代社会では、ダイエット情報が溢れています。その事も増加の一因とされています。摂食障害になる要因には、家庭問題や虐待、人から言われた体型に関する批判的な言葉、完璧主義などの環境によるものと、遺伝などが絡み合っていると考えられています。家族や周囲の人の協力や支えがとても大きな力となります。

思春期外来を設置する理由とは

思春期外来とは、思春期に起こりやすい特有の問題である不登校・家庭内暴力・リストカット・心身症・摂食障害・解離性障害などの治療に摂り組む外来のことです。思春期外来での治療目標は、その病気の基本症状だけでなく、それによって引き起こされる様々な有害な影響をできるだけ取り除いてあげ、子供達の生活を明るく有意義なものに変えていくことです。そのために、子供たちの心の声に耳を傾け、寄り添い、支援していくことがとても大切です。心的症状は子供達それぞれ違うため、病気の診断は専門医師でないと判断しにくいところがあります。

↑PAGE TOP

© Copyright クリニックの脱毛施術が良い理由. All rights reserved.