トップ / 心療内科を受診する事

心療内科を受診する事

心療内科にかかるのか

生活習慣

心療内科と精神科の違い

心療内科は、身体の症状が主訴になる心身症を診てくれる科になります。よく間違いやすい科に精神科がありますが、こちらは心の症状になり不安や抑うつ、不眠やイライラなどがあげられ、精神症状や精神疾患に関する専門科の精神科医が診療をおこないます。内科という大きな枠のなかには、消化器内科や呼吸器内科、循環器内科などの専門科がありそのなかのひとつに心療内科もあるため、内科医が診療にあたることになります。どちらの科を受診すればいいか迷ったときには、電話で問い合わせてみてから足を運ぶのもよいでしょう。

統合失調症と家族の関わり

統合失調症は原因不明の精神疾患です。症状は幻覚・妄想・興奮などの激しい症状や意欲の低下・引きこもりなどがあります。本人はもちろん、家族も辛い思いをします。しかし、統合失調症の患者さんが日常生活を安定して送るためには家族の協力が必要不可欠です。まずは病気だということを受け止めること。これは病気であり本人の性格や怠けではありません。病気には治療が必要です。きちんと受診し服薬を確実にすること、これが一番重要です。少し症状が落ち着いてくると内服を自己判断で減らしたり止めてしまったりすることがありますが、これは後に

↑PAGE TOP

© Copyright クリニックの脱毛施術が良い理由. All rights reserved.